【WordPress】Classic Editorの使い方!ブロックエディタからクラシックに戻す方法

ワードプレスの記事編集画面をブロックエディターからクラシックに戻せるClassic Editorの使い方を紹介していきます。
昔からブログをしている人にはブロックエディターが使いづらく元のクラシックエディターに戻したほうが使いやすくなっています。

Classic Editorとは

Classic Editorとはワードプレスがバージョン5以降で使用されているブロックエディターからクラシックエディターに戻すプラグインです。
クラシックエディターとブロックエディターでは操作性が大きく異なり昔からワードプレスに慣れている人はクラシックエディターのほうが記事を書きやすいです。
また、ブロックエディターは更新され新しい機能や変更が加えられますがクラシックエディターは更新がないため変わりない安定感があります。

Classic Editorのインストール

Classic Editorのインストールを行います。
ワードプレスの管理画面左の「プラグイン」から「新規プラグインの追加」をクリックします。
右上にある空欄に「Classic Editor」と入力し表示された左上のプラグインの「今すぐインストール」をクリックします。
インストールが完了したら「有効化」して完了です。

Classic Editorの設定方法

Classic Editorの設定方法は、左メニューにある「設定」から「投稿設定」で行うことができます。

投稿設定では、旧エディターとブロックエディターを切り替えることができます。
クラシックエディターで記事編集を行いたい場合は、旧エディターを選択します。
投稿フォーマットは標準で変更しないようにしましょう。

Classic Editorの使い方

クラシックエディターの使い方は下枠に文字を入れてエンターキーで改行していくシンプルなものです。
ブロックエディターよりもシンプルになっています。
何かを挿入したい場合には上部のメニューから追加することができます。
マウスカーソルを合わせることでアイコンで何が出来るかを確認することができます。

通常のクラシックエディターでは、ボタンが少なくカスタムできないため追加で装飾できる以下のプラグインを追加するのがおすすめです。

Advanced Editor Tools(旧TinyMCE)の使い方から設定方法!ブロックエディタで反映されない場合は?

最新情報をチェックしよう!